きれいな部屋

マイホームを購入するのは人生に一回きりの買い物の方が大半なので、誰もが理想の家づくりを実現したいものです。賃貸マンションなどとは異なって間取りから自分の理想を実現する選択肢が一戸建て住宅にはあるので注文住宅は魅力的ですが、予算が嵩むことは否定できません。特に知名度の高いハウスメーカーを利用する場合、品質や仕上がりには満足できるレベルを期待できるとはいえ、予算的に折り合いがつかず、結局断念して妥協を余儀なくされるのはよくある話です。予算的な制限を打破するニーズに応えて登場したのが、ローコスト住宅という選択肢です。大手のハウスメーカーのなかにも購買層の裾野を広げるために、注文住宅で購入しやすいローコスト住宅のラインナップを用意する傾向も目立つようになりました。

ここでローコスト住宅の意義を確認しておくと、人件費や材料費を初めとして諸経費を削減することで購入しやすい価格が設定されている戸建て住宅のことです。出来るだけ人件費や材料費などが嵩まないように、材料や建築資材を工場でプレカットして、現場で組み立てる仕様が採用されています。工場で大量生産するので材料費などを抑えることが可能で、組み立てに高度な技術を必要としないので熟練の職人などを揃えるまでもななく完成に至るのでコスト削減効果が高くなっているのが安さの理由です。

もちろん従来からの注文住宅のように施主の意向を十分に反映させることは難しく、デザイン的にも妥協できる部分とのメリハリをつけて、シンプルになるのはやむを得ない側面があります。また諸経費削減のために間取りなどの基本設計などは、ハウスメーカーが用意した選択肢の中から選ぶ場合が多いので、理想のマイホームを手に入れる場面では妥協できるラインを許容できるかは購入前に十分検討する必要があります。

最近ではシンプルなデザインのマイホームの需要も高くなっていますが、家は一生涯暮らす生活の基本の場となるので、トラブルなどがあればすぐさま対応してくれるアフターケアが充実しているハウスメーカーがおすすめです。いくらローコスト住宅とはいえ、アフターケアがお粗末では結局コスト的にも嵩むことになってしまうでしょう。
ローコスト住宅では注文住宅では標準仕様になっているものが、オプションに設定されていることもあります。コスト面ではおすすめ出来ても、最終的な仕上がりも視野にマイホーム作りに取り組むのが必須です。